脱毛が女性にとって身近なものに

今、若い女性の中で友達の紹介などでサロンを紹介し、お互いが安く脱毛の施術をうける事ができたり、1回目は体験サービスなどで半額で施術してもらえるなど、脱毛が女性にとって身近なものになりつつあります。脱毛とは、カミソリなどで剃るような事ではなく、文字の如く、無駄毛を抜くという事です。

たとえば眉毛などなら、メイクするタイミングでピンセットなどで抜く事ができますが、自分では抜きずらい、ワキや指、おへそまわり、アンダーヘアーのトリミングなど様々な部位を脱毛してくれるのです。脱毛サロンでは、契約を交わし、契約金を払えば契約期間中は脱毛し放題などもありますが、たとえば、ワキだけなら5,000円ぐらいから施術を受ける事ができます。

それもワキだけなら、期間を定めず、無期限で脱毛の契約ができるほどです。これだけ、値段が下がっているので、どこの脱毛サロンも価格競争となてきます。その現状がたとえば、ワキ+アイラインなどで18000円となり、これについては期間は定められますが、一度にワキとアイラインの施術ができ、自分では手入しにくいパーツなので人気を高めています。

値段については、安かろう悪かろうではなく、自社の開発の脱毛器やジェルを使用する事から値段を下げる事ができ、またサロンスタッフの研修なども自社できっちり教育している事から、経費のコストダウンに繋がり、自然とサービス内容の値段を下げる事ができているのです。

どうせ脱毛をするなら痛くない方法がいいので、最近話題のディオーネというサロンに言ってみようと思います。